2013年12月09日

あまり見かけない標識の意味【規制標識編】

本日は、規制標識の中から普段はあまり見かけることのない標識とその意味をご紹介します☆

まずは、
自転車以外の軽車両通行止め
【自転車以外の軽車両通行止め】
こちらの標識が立っていたら、自転車は通っていいけど、その他の軽車両はダメですよ!ってことです。
じゃあ自転車以外の軽車両って何!?って話ですが、標識の絵柄にあるような大八車・リヤカーなどや、
そり・人力車・馬車だそうです。
今のご時世ほぼ見かけることのない乗り物ばかりですので、自然とこの標識の数も少なくなります。
もし、この標識が単独で立っているのを見たら、かなりレアexclamation×2

お次は、
最低速度
【最低速度】
普段私たちが気にかけるのは、主に最高速度の規制ですよね。
気付かぬうちにオーバーして、取り締まられたことのある方も多いかと思いますあせあせ(飛び散る汗)
しかし、こちらは最低速度の規制標識なんですexclamation
この表示は30km/h以下で走行するなと。
もちろん一般道にあるわけはなく、自動車専用道路に設置されているんですが、
こちらも滅多に見かけることはない標識だと思いますひらめき
見かけたときはご注意をexclamation

そして最後に、
直角駐車・斜め駐車
【直角駐車】及び【斜め駐車】ですexclamation

上記の画像を見ると、とんでもないマナー違反駐車に見えますが、
こちらは道路の側端に対して、それぞれ指定された方法で駐車しなさい!という規制標識です。

道路の広い海外では割とあるようですが、日本ではあまり見かけないのではないでしょうかexclamation&question

posted by ohkura at 15:21 | Comment(0) | 鉄道看板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。