2013年11月19日

あまり見かけない標識の意味【警戒標識編】

普段あまり目にしない標識って結構いっぱいあり、
意味を忘れてしまっているものも多数あるのではないでしょうか?あせあせ(飛び散る汗)

例えば、

keikai1119-1jpg

これの意味は「ロータリーあり」です。
ロータリー式の交差点があるときに設置してある標識ですが、
日本にはそんな交差点ほとんどないので非常にレアな道路標識ですexclamation


次は、

keikai1119-2.jpg

これはそれほど珍しいわけではありませんが、絵柄と意味がわかりずらいので。
「路面凹凸あり」という意味です。
これを見たらスピードを落としましょうexclamation


そして、

keikai1119-4.jpg

おそらく、ある意味最も有名な標識。
「その他の危険」です。

下記のような標識は山に行くとよく見かけるし、
絵柄で意味は伝わりますよね。
keikai1119-3.jpg

しかし、「その他の危険」は具体的に何に気をつければいいのかわからないexclamation×2

見かけると写真を撮る人も多いみたいですわーい(嬉しい顔)

だいたいの場合、他の警戒標識と一緒に設置されていたり、
補助標識で意味が表記されています(例えば、牛横断注意など)。

でもたまにこのビックリマーク標識のみで立っているうえ、
その場所が見晴らしの良い直線道路だったりして、
本当に注意すべき対象がわかならいこともあるようですたらーっ(汗)

こんなレア標識を見かけた際は、写真に収めておくといいかもしれませんexclamationわーい(嬉しい顔)



posted by ohkura at 13:56 | Comment(0) | 標識 意味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。